食宅便はまずい?低糖質セレクトを食べてみた一人暮らし記者がメリット・デメリットを解説

食宅便はまずい?美味しい?

この記事では食宅便低糖質セレクト(糖質制限食)を実際に購入し食べてみた体験談をもとに、食宅便の冷凍宅配弁当のメリットやデメリットを詳しく解説。

ネットやSNSで見られる食宅便の口コミや評判について「本当のところはどうなのか?」を検証しています。

辛口な意見もしました。この記事を読めば食宅便の経験者の本音も見えてきますよ。

食宅便のメニュー内容は公式サイトをチェック!

目次

食宅便とは?

食宅便は日本全国の病院や福祉施設へ食事サービスを提供し、全国に約9000人の管理栄養士や栄養士を擁するヘルスケアフード大手の日清医療食品株式会社が手掛ける冷凍宅配弁当の宅食サービスです。

食宅便では主に高齢者向けの糖質・たんぱく質・塩分などの制限食の冷凍おかず弁当を中心に提供しています。

病院や福祉施設への食事提供で圧倒的な実績を持つ会社が行うサービスです。

冷凍食品といえばカンタンに調理できる分、栄養面ではバランスが悪いイメージもあります。

しかし食宅便は健康意識の高い方にも継続して利用してもらえる冷凍宅配食サービスと言えます。

日清医療食品株式会社は、健康志向の20代・30代向けの冷凍宅配サービスとして「HeMog(ハーモグ)」も行っています。

食宅便の食事コース

食宅便では目的に応じて様々な宅食コースがあります。

食宅便の冷凍宅配弁当のコース一覧

コース名コースの特長価格(都度購入)
低糖質セレクト1食あたりの糖質を10g以下に抑えたおかず7食セットのメニュー7食¥3,920(税込)
たんぱくケア1食あたりのたんぱく質量が13g程度に抑えられた7食1セットのメニュー7食 ¥4,340(税込)
カロリーケア1200ご飯100gと一緒に食べた際に1食あたりのカロリーが約400Kcalになる7食1セットのメニュー7食 ¥4,340(税込)
カロリーケア1600ご飯150gと一緒に食べた際に1食あたりのカロリーが約530Kcalになる7食1セットのメニュー7食 ¥4,340(税込)
塩分ケア1食あたりの塩分を2.0g以下に抑えた7食1セットのメニュー7食 ¥4,340(税込)
やわらかい食事歯ぐきでつぶせる固さを目安にやわらかく調整した7食1セットのメニュー7食 ¥4,340(税込)
おまかせコース栄養バランスを考えた7食分のおかずコース。和・洋・中、魚・肉・卵等、約160種類の中から週替わりで7種類のメニューをお届け。7食 ¥3,920(税込)
おこのみセレクトコース好きなメニューを選んで注文できる。魚料理だけ、牛肉料理だけのセレクトも可能。各メニューによる
まんぷく亭ガッツリ食べたい時のとんかつやハンバーグ&ナポリタン、焼肉丼などのラインナップ8食 ¥4,480(税込)
おうちdeヘルシー丼五穀米などを使った野菜たっぷり、ヘルシーな丼や麺類のコース5食 ¥3,050(税込)

食宅便は主に高齢者をターゲットにした宅食サービスですが、低糖質セレクト、まんぷく亭、おうちdeヘルシー丼などは20代、30代の健康志向の方にも向いている食事内容です。

おまかせコースも食事内容や栄養が偏らず、外食やコンビニ食が多くなりがちな一人暮らしの方などに向いています。

メニューはコース内で7食分が決まっており、おこのみセレクトコース以外は個別に食事を選ぶことはできません。

食事のメニューが豊富で栄養的にもきちんと考えられたメニューが嬉しいですね。

食宅便はまずい?美味しい?低糖質セレクトを実際に試食

食宅便の冷凍宅配弁当はまずいのか?美味しいのか?

気になる所を実際に食宅便を注文して検証してみました。

今回購入したのは食宅便の低糖質セレクト(7食・税込3920円・都度購入)です。

糖質制限ダイエットにも対応した低糖質が売りのコースです。

食宅便の低糖質セレクト概要

1食あたり560円
送料都度購入:780円、定期購入390円
注文方法7食(都度購入・定期購入)
お試しセット(4食・送料無料)
特徴日本全国の病院・福祉施設への食事サービス実績NO.1の日清医療食品が手掛ける冷凍宅食サービス。
1食あたりの糖質を10g以下に抑えたおかず7食セットのメニュー。
公式サイト食宅便 – 日清医療食品

今回注文した低糖質セレクトのメニュー

  • 鯖の塩麹焼きと豚肉のハーブ和え
  • 鱈のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮
  • タンドリーチキンと鮪の煮付
  • 鶏肉のレモンペッパー焼きと鱈のトマト煮
  • 豚肉の生姜煮と鯖の胡麻だれ
  • 牛しゃぶとホタテのオリーブオイル仕立て
  • 鯵の塩焼きと鶏肉の唐揚げ

食宅便の低糖質セレクトはセット内容によってAからGくらいまで7種類ほどあります。

どれも料理の種類が異なるだけで栄養成分等はほぼ同じになるように調整されています。

好きな料理がある方は、その料理が含まれているコースを選ぶと良いでしょう。

どのメニューも魚と肉料理の組み合わせで、食事のバランスはとても良さそうです。

\送料無料のお試しセットあります/

食宅便「低糖質セレクト」の詳細はこちら

タンドリーチキンと鮪(マグロ)の煮付

食宅便のタンドリーチキンと鮪の煮付を電子レンジで温めて、そのまま袋から取り出したところです。

器はプラスチック製ですが、陶器っぽく見える柄のせいで電子レンジで温めただけの冷凍弁当には見えませんね。

タンドリーチキンと鮪の煮付け、どちらも味がしっかりとしていて美味しいです。

定食屋で出てくる味というよりは家庭料理の味に近い感じです。

メインの2品に加えて3品の副菜で合計5品のメニューで、おかずとしては舌も楽しめてボリュームも十分でした。

このおかずにご飯一膳かインスタントの味噌汁でもあったら十分ですね。

鶏肉のレモンペッパー焼きと鱈のトマト煮

チキンのレモンペッパー焼きはふっくら柔らかく焼き上げられていて、とても美味しいです。

鱈のトマト煮はトマトソースで煮込まれているわけではなく、添え物的にカットキューブ野菜と煮込んだ感じ。

トマトは香り付け程度で鱈の引き立て役にしているようです。これはこれで考えられていますね。

スーパーで買えるお惣菜と比べると味は完全に超えてますね。

鯖の塩麹焼きと豚肉のハーブ和え

鯖の塩麹焼きはとても美味しいですが、パッケージの都合上どうしてもボリュームが物足りないですね。

美味しいだけに、せめて一匹の半身分は食べたいところでした。

豚肉のハーブ和えは居酒屋の突き出しの珍味的な感じのちょっと変わった味わいです。

料理自体が中高年向けな感じですが、味はしっかりしていて美味しかったです。

食卓便はまずい?家庭の味を目指す食卓便の料理は年代で好みが分かれる

食卓便の低糖質セレクトのメニューを実際に食べてみた体験談として言えるのは、

食卓便はレストランではなく家庭料理の味を目指したメニュー

ということです。

そういう意味ではあまり華やかさのないメニューが多いですが味は美味しく、少なくともまずいと感じる料理はありませんでした。

まずいと感じるのは好みの問題か?

ここからは実食した編集者の考察です。

実家暮らしで普段から家庭料理に慣れ親しんでいる10代、20代の方なら、レストラン風の味付けを普段と違い美味しいと感じると思います。

しかしいろんな料理を体験してある程度舌が肥えた人なら、食卓便の料理は値段と冷凍弁当ということを考えると十分に納得できる美味しさがあると判断するのではと思います。

食卓便は制限食が多いので、メニューも味も40代以上の方に寄せている傾向はあると思いました。

食卓便がまずいか気になる場合は、まずは4食分のお試しセット(税込1980円送料無料)をおすすめします。

食宅便「低糖質セレクト」は一人暮らしの冷凍庫でもラクラク保存できる

食宅便の低糖質セレクトのパッケージサイズは縦16cm×横24cm×高さ3cm

他社と比較するとトレイをビニールで包んだだけの簡易パッケージでかなり薄っぺらいです。

食卓便は食事に直接関わる部分以外はうまくコスト削減して価格を抑えている印象です。

今回購入した低糖質セレクト7食分を一人暮らし用冷凍冷蔵庫(138L)の下段冷凍庫に保管したところです。

積み重ねると7食すべてきれいに冷凍庫に収まりました。

簡易パッケージ・簡易包装なのが幸いし、一人暮らしでも冷凍庫での保存は楽勝です。

7食分を保存してこのくらいのスペースなら、自炊でラクする時のための保存食としてストックしておけますね。

食宅便を利用するメリットは?

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットに手軽に取り組める

1食あたり糖質10g以下の食宅便の糖質制限食「低糖質セレクト」なら、食事から糖質をカットしていく糖質制限ダイエットにも無理なく取り組めます。

1ヶ月だけ・3ヶ月だけと期間を決めて糖質制限に取り組むのもおすすめです。

食事制限食のラインナップが充実している

食宅便は病院食大手の宅食サービスだけあって、お悩み別の食事制限食のラインナップが充実しています。

  • 糖質を抑えたい方には低糖質セレクト
  • 塩分を控えたい方には塩分ケア
  • たんぱく質を控えたい方にはたんぱくケア
  • カロリーが気になる方にはカロリーケア1200・カロリーケア1600
  • 歯が良くない高齢の方にはやわらかい食事

食宅便の冷凍宅配弁当は栄養バランスや食品添加物についても病院食で培われたノウハウによってクリアされている安心感があります。

実家の両親にも勧めやすい食事内容ですよね。

食宅便でダイエットできる?

食宅便の低糖質セレクトを利用すれば糖質制限ダイエットができます。

1食あたり糖質10g以下の食宅便低糖質セレクトなら、他の食事で糖質を摂取しないよう注意すれば、通常の食事からの置き換えだけでも十分に糖質制限ダイエットを実施できます。

スイーツやスナック菓子の主原料は高糖質食品の代表格、小麦粉、イモ、トウモロコシなどです。砂糖や果糖ブドウ糖液糖が入っているものも多いです。これらのおやつを低糖質なものに変えましょう。ナッツ、チーズ、ゆで玉子等はコンビニ等でも一般的に置かれているので便利なおやつとなります。

糖質制限食の実際|一般社団法人日本糖質制限医療推進協会

糖質制限ダイエットのポイント

  1. お菓子やスイーツなどは食べるのを控える。
  2. 食事から糖質を抜いていく。
  3. 糖質を抜く分、脂質とたんぱく質をしっかり摂る。

糖質制限ダイエットは簡単にまとめると、上記を心がけた食事を続けていくことです。

食宅便の低糖質セレクトを活用すれば、糖質を減らした食事を簡単に用意できるので、糖質制限ダイエットの理に適っています。

ファストフードやコンビニ飯、インスタントラーメンなど糖質の多い食事を食宅便の低糖質セレクトに変更してみましょう。

食宅便にご飯は付いている?

食宅便の各コースは基本的におかずのみです。ご飯はついていません

ただし注文時にサイドメニューでごはん(100g・150g)を食数分追加できます。

またおうちdeヘルシー丼やまんぷく亭のメニューにはカレーなどもあり、一部のメニューではご飯が付いている場合もあります。

ただご飯は別途に自分で用意した方がお得です。

ご飯は自宅で炊飯器で炊いてすぐタッパーに小分けして冷凍保存できます。

また電子レンジで温めるだけのレトルトごはんをまとめて購入したりもできます。

料理と違ってご飯を用意するだけなら手間もそれほどかかりません。

食宅便ではご飯をサイドメニューとして付けて購入もできますが、ご飯は別途に自分で用意した方がコスパは良いと思います。

食宅便の料金・購入方法・退会方法

食宅便の購入方法には定期購入(らくらく定期便)と1回分の都度購入があります。

定期購入だと

  • 送料が都度購入の半額に
  • 食宅便ポイントが都度購入の2倍もらえる

といった特典があります。

食宅便ポイントは1000ポイント以上で食宅便購入に利用できます。

都度購入
らくらく定期便
  • 送料:780円
  • ポイント:購入金額の1%
  • 送料:390円
  • ポイント:購入金額の2%

定期購入と都度購入では送料とポイント付与に差があるのみで、商品の価格自体は同じです。

お試しセットや都度購入で購入後、食宅便の宅配食が気に入ったら定期購入に切り替えるのがおすすめです。

食宅便の定期購入

食宅便の定期購入は配送周期が毎週・隔週・月1回のいずれかで選べます。

月イチ配送の場合は日付固定もしくは第3木曜日などの曜日固定で配送日を指定できます。

定期購入の一時的な注文休み(スキップ)や配送日・配送先の変更は会員サイト上で行えます。

配達予定日の5日前までなら次回配送のスキップができます。

定期購入の解約は次回配送予定日の5日前までに電話で受付しています。

お試しセット

食宅便の各コースは通常7食での購入ですが、4食のみのお試しセットもそれぞれ用意されています。

お試しセットは4食が送料無料でお得に食宅便を試せます。

食宅便の利用を検討している方は、まずはお試しセットで料理の味を確認してみましょう。

食卓便はこんな人におすすめ

食卓便がおすすめなのはこんな人
  • 糖質制限ダイエットをしたい方
  • 塩分などの食事制限を手軽に行いたい方
  • 健康的な食生活をしたい一人暮らしの方

こうした方には食卓便の冷凍宅配弁当はとても役に立ちます。

食卓便の低糖質セレクト7食セットで3,920円(税込)+送料780円の合計4,700円(税込)。

4食セットのお試しセットは1,980円(税込)+送料無料です。

食卓便が気になる方は4食のお試しセットでまずは食べてみましょう。

\送料無料のお試しセットあります/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる