HOME > 一心亭 > こだわり
  • あぁ博多人情
  • 麺家くさび
  • 一心亭
  • こだわり
  • メニュー
  • 店舗案内

一心亭

こだわり

創業昭和20年の老舗、長浜屋台一心亭。
豚骨・豚皮・背脂以外を一切使わないスープがうまい、辛子高菜やおでんもうまいと愛され、
長浜の典型的な大衆食堂です。
そんな店から暖簾を貰った、一心亭分店。
味も技も妥協なし。ありのままの博多を感じてください。

豚骨・豚皮・背脂だけで作る、乳白色の豚骨白湯スープ。強火で沸騰させるため骨のゼラチンが溶け出し、旨味の濃厚な白濁したスープになります。独特のとろみはこのゼラチン質によるものなので脂っこくなく、後味は驚くほどあっさり。

麺は細めのストレート麺。商売人気質でせっかちな博多っ子のために、短時間で茹で上がる麺になったと言います。注文する時に麺の硬さを指定するのも屋台の特徴。「バリカタ」、「かため」、「やわめ」、「ずんだれ」と、本場の呼び名でご注文ください。
ちなみに博多っ子は好んで「バリカタ」を注文。実は、うまさの追求以外に「男を見せる」的な意味合いも。

具は非常にシンプルに、細い博多万能ネギだけ、あるいはネギとチャーシューだけ。トッピングは、キクラゲ、もやし、紅生姜、メンマなど。また、店のテーブルに紅生姜や白ごま・辛子高菜などがおいてあり、お客様に自由に盛らせる事が多いのも特徴です。

博多長浜地区のラーメンは、『長浜市場』の肉体労働者のために生まれたラーメンでした。替玉をした2杯目まで美味しく食べられる、濃い味つけが特徴。それに対して、商人の町の博多ラーメンは、一杯目が美味しいラーメンと言われています。

博多長浜の粋を店構えに込めたあったかい店、あぁ博多人情。

味のつながりを感じる熱い想いのつまった店、麺家くさび。

長浜の大衆食堂から暖簾を貰った老舗、長浜屋台一心亭。